ホーム>飛騨牛とは

飛騨牛とは

『飛騨牛』は岐阜県内で飼育された中でも最高ランクの牛

「飛騨牛」とは、岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、

日本食肉格付協会の実施する枝肉格付において、

肉質等級5等級・4等級・3等級に認定された牛肉のみに与えられる銘柄です。

20142316214.jpg

枝肉販売時に、飛騨牛銘柄推進協議会が証明書を発行しています。

●5等級:最上級品(金のシール)
●4等級:上級品(銀のシール)
●3等級:標準品(白のシール)
 
 
 
 

飛騨牛の歴史

201423171014.jpg

「飛騨牛」の歴史は、昭和56年、安福号という1頭の種雄牛を岐阜県肉用牛試験場が購入したことから始まります。

以来、約20年にわたって、県を中心とする行政と生産農家、肥育農家、JA業者を始めとする流通業者など、関連業界・業者らが力を合わせ、より質のいい肉牛の育成に取り組んできました。

さらに、後発ブランドとしてのハンディを克服し、より魅力のある商品とするために既存有名産地に負けない特色作りにも力を注ぎながら、全国的にも認知される産地銘柄をめざしてきました。

こうした生産に携わる人々の熱意により、平成14年9月に開催された「第8回全国和牛能力共進会岐阜県大会」において『内閣総理大臣賞・最優秀枝肉賞』を受賞しました。

そして、「飛騨牛」がおいしい肉牛ブランドとして定着した今、安全で質の高い牛肉、安心して食べていただける牛肉を、年間を通して安定供給し続けることを目標に、さらなる取り組みをしてまいります。

ページ上部へ