ホーム>肉の専門知識

肉の専門知識

肉の専門知識

お肉には様々な部位があって、それぞれの特徴があります。そのため料理に適した部位を選び適切な下ごしらえをすることが大事になってきます。

部位 \ 特徴 グレード  キーワード
柔らかさ

霜降り度合い
(とろけ度合い)

味わい深さ

リブロース

最高の部位の一つで霜降りが強く肉のきめも細かく風味柔らかさ抜群です。

2014225214440.jpg ★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 最高級

サーロイン

リブロースと並び肉質は柔らかです。適度な霜降りと風味。バランスの良いお肉です。

2014225214459.jpg ★★★★ ★★★★★ ★★★★★ バランス

ヒレ

絹の柔らかさを持つといわれるヒレ肉。滋味です。

2014225214525.jpg ★★★★★ ★★★ ★★★★ 滋味

カルビ

旨味がたっぷり。ロースに優るとも劣らない味わいです。

2014225214541.jpg ★★★ ★★★★ ★★★★★ 希少価値

モモ

赤味のヘルシーなお肉です。あっさりとした味わいです。

2014225214557.jpg ★★★ ★★★ ★★★ ヘルシー

牛の種類によって、「霜降り」の特徴も変わってきます。

牛の種別 霜降りの融点 特徴
飛騨牛(黒毛和牛) 24.8℃前後 人肌よりずいぶん低いですね。 他の二つと比べても極めて融点が低い。和牛の霜降りってスゴイ。お口の中ですぐ溶けます。
ホルスタイン(乳牛) 31.4℃前後 黒毛和牛と比べて7℃近く融点が高い。
アンガス(高級輸入牛) 31.4℃前後 黒毛和牛と比べて7℃近く融点が高い。

 

お肉早見表

お肉早見表

ページ上部へ